「女性ホルモン」のバランスを整えるには?

 

 

 

女性ホルモンのバランスが整っていることは

「美人の証」ですू(๑• •๑)♡

 

 

排泄と生理のリズムを

作り出している女性ホルモンは、

女性の美しさを保つ働きをしています♡

 

 

ホルモンの分泌量が爆減したり

急増したりすると、

ホルモンバランスが乱れた状態に(T . T)

 

 

ホルモンバランスが乱れると、、、

 

生理のリズムも乱れますし、

シミや吹き出物が出やすくなるなど、

肌にも大きなダメージを与えます。

 

 

ホルモンの分泌量が少なくなるということは??

 

生理不順になったら、無月経、

過多月経になることがあります。

 

こうした生理不順にならなくても、

生理痛や不出血が生じる可能性もあります。

 

排卵後、生理前には特にホルモンバランスが

変化しやすい状態になっており、

 

頭痛などの他に、

イライラや集中力の低下などの

メンタル面でも不安定になります。

 

これをPMS(生理前症候群)と言います。

 

 

そもそも女性ホルモンとは??

 

人間の体には、ホルモンと呼ばれるものが

50種類以上存在すると言われています。

 

「ホルモンは、

体の内外で起こった情報に対応して、

体内で分泌される生理物質のこと」

 

 

皆さんもご存知のようにこの女性ホルモンは

エストロゲン(卵胞ホルモン)と

プロゲステロン(黄体ホルモン)

という2種類あります!!

 

エストロゲンは、

「美肌ホルモン」と呼ばれ、

肌の潤いやハリ、弾力を保つ働きがあります。

◯女性らしい体を作る

◯骨度量を維持

◯組織の水分や弾力を維持

◯血流を良くする働き

 

エストロゲンは

美容の面でとても大切なホルモンです。

 

 

プロゲステロンは、

「黄体ホルモン」の一つで

妊娠に深く関わっています。

 

子宮内膜に厚みを与えて

妊娠しやすい状態を整えたり、

体温を上昇させます。

 

 

女性ホルモンを減らさないようにするには

どうすればいいのか??

 

ハーバード大学によれば、

「生活リズムを整えるだけでも女性ホルモン量を2〜3倍に増える」

という報告があります。

 

◯規則正しい安定した睡眠

◯日々の生活の中で感動する

◯趣味をもつ

◯しっかりと栄養の取れる食事を楽しむ

◯大切な体を傷つけないこと

 

いつでも女性らしさを失わないために

これらを心がけてください♡♡

 

 

食事面では、

女性らしさをキープする栄養素に、

大豆イソフラボンがあります。

 

大豆イソフラボンには、

エストロゲンに似た構造を持っているため、

女性ホルモンにような働きをすることでも知られています。

 

抗酸化物質に一種で

アンチエイジングにも効果があります。

 

大豆イソフラボンが

含まれている大豆製品は、

豆腐,納豆,豆乳,おから,高野豆腐,きな粉。

調味料では、味噌や醤油があります。

 

これらを毎日摂取することで

女性らしい体を継続的に取り入れていれていきましょう!

 

大豆イソフラボンを摂取するときは

黒ごまを一緒に摂取することをおすすめします♪

 

黒ごまに含まれているリグナンという成分が

大豆イソフラボンの働きを強化するとも言われてます。

 

また、活性酸素を抑える抗酸化作用もあります。

 

 

 

ホルモンバランスを整えて

女性らしい体を保ちましょう♡♡

 

 

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください