【シェア】あなたを理想に近づけてくれる部屋の片付け

 

 

 

こんばんは♡(*^o^*)

真夜中3時にも関わらず、

パソコンをカタカタしています♪♪笑

このやる気はどこからきてるのか( ̄▽ ̄)

 

 

 

今日は「片付けについて」です♪♪

 

私はいつの間にか

部屋にモノが多くなりがちです(T . T)

 

 

明日の朝は

必要なモノ不要なモノに分けて

大掃除からスタートします♡

 

 

 

インナービューティープランナーの先輩の

宇治原恵梨子さんが書いていた記事が

共感した部分もあり、良かったので

シェアさせてもらいますね♡♡

 

 

⬇︎⬇︎⬇︎

 

「あなたを理想に近づけてくれる

部屋の片付け」

 

 

 

片付けとは、奥深いものです。

 

 

片付けコンサルタントの近藤麻理恵さんは、

片付けで人生が変わるといってるぐらいです。

 

 

片付けとは、部屋を綺麗にして、

心地よく過ごしましょう。

ということだけではないのです。

 

片付けは、自分を創る作業でもあるのです。

 

私にとっても「片付け・掃除」は

食を整えるのと同じくらい、

自分を創るものの一つになっています。

 

落ち込んだり、苦しいとき、悩んだとき、

片付けや大掃除をすると

必ず気持ちが晴れやかになるのです。

 

例外なく「絶対」なのです。

 

 

大学時代長く付き合った彼と別れが辛かった時も、

就職活動でうまくいかなかった時も、

1Rのお部屋をまるごと大掃除し、

何かに救われたような気分にさえ、

なったものです。

 

 

普段から片付けや掃除をしてはいましたが、

そうやって

辛い日などは改めて整理整頓をし、

普段は掃除をしない細かなところまで

一生懸命掃除をします。

 

 

そうすると、気の流れが変わるのを

感じます。

 

「片付けには何かあるかもしれない」

 

一人暮らしをしていて、

私が感じたことの一つです。

 

そこから、

何かある度に大掃除をしていました。

 

キッチンの収納なんかも

無駄なスペースなく

使えるように凝ってみたり。

 

 

そこで一つわかったことがあります。

私はただ部屋を綺麗にしているのではない、

と気付いたのです。

 

私は私の心の中を整理しているのだ、

と、気付いたのです。

 

何かを悩み、

自分の考えがモヤモヤしてしまうとき、

私は片付けをして救われていたのです。

 

 

そして、片付けとは一言で言っても、

色々あり、

整理収納学的には

下記のように分類されています。

 

※整理:乱れた状態のものを整えてきちんとする必要なモノと不必要なモノを分類すること

※整頓:必要なモノを必要なときに、取り出しやすいように並べること

※収納:モノを扱いやすいように定位置に収めること

 

これは、片付けコンサルタントの

近藤麻理恵さんがおっしゃっていて、

ハッとしたのですが、

 

まず、整理をしなければ、

整頓も収納もできないということです。

 

 

そう、必要なモノと不要なモノを

区別することが、まず初めに

やらなければいけないことなのです。

 

 

近藤麻理恵さんは、この区別をするときに

「ときめくかどうかで判断してください」

とおっしゃっていますが、

これがとても大切なのです。

 

なんとなく、

「持っていたほうがいいのかな」とか、

「これを持っていたら使えるかも」というように、

頭で考えて、

本来不要なものまで

持っている可能性があるからです。

 

そして、

その頭で考えていることは、執着です。

 

必要なモノと不要なモノを

区別する作業をすると、

普段の生活でも、

自分にとって本当に必要な考え、

モノなどもはっきり明確にすることが

できるようになってきます。

 

 

つまり、

執着を手放すことにも繋がってくるのです。

 

本当に必要かどうかの判断を心ですると、

本当に大切なものが見えてきて、

そのときめくものだけで

包まれた生活を送ることができます。

 

それは、自分にとって

とても心地よいものになるのです。

 

心地よい生活をすると、

心が安定し、多少疲れていても

キッチンに立ってみようかな、

なんて思わせてくれることだってあります。

 

 

 

 

このことから、

片付けは業者さんにやってもらっては

あまり意味がないのです。

 

テレビ番組でたまにある、

ゴミ屋敷を業者さんによって

綺麗にしてもらう企画がありますが、

数ヶ月後に再び取材にいくと

元に戻っていた、

なんてこともありますよね?

 

それは、自分でやってないからです。

 

自分で判断したして、

必要なモノ、不要なモノを

判断できていないから、

不要なモノばかりが再び増えていくのです。

 

片付けられた環境に身を置くことが

大切だということではなく、

 

片付けをするその作業にこそ

意味があるのです。

 

 

散らかった部屋をみるとつい、

後でいいや、、、と思ってしまいますよね。

 

 

そういう時って

何か物事がうまくいっていなかったり、

悩んでいたり、

頭の中がグチャグチャになっているときが

多くないですか?

 

部屋の中は

今の心の状態を表してくれています。

部屋をすっきりさせれば、

それにひっぱられて心もすっきりします。

 

 

なので、憂鬱なその思い腰を少しあげて、

洋服から片付け始めてみませんか??

 

何かを捨てるかではなく、

何を残したいか。

 

これを判断に片付けをすると

明確に必要なものが見えてくるはずです。

 

そうすると、

離れたくても離れられない関係の彼とも

決着がつくかもしれないし、

将来のビジョンが

はっきりするかもしれないし、

ダイエットも成功して

お肌もピカピカになるかもしれません。

 

片付けは、強い味方なのです。

 

____________________

 

必要なモノか不要なモノは

「ときめくかどうかで判断してください」

とのこと。

 

なるほど〜〜♡♡

確かに、いつも持ち歩くモノ

部屋に置いてあるモノは

ときめくモノだけにしたいですね♪♪

 

 

 

 

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください