【栄養素①】タンパク質とは??

 

 

 

「生命の根底をつくる最も大切な栄養素」

 

 

GW真っ最中ですが、

今日はカフェにこもって勉強しています♪

 

 

今日は体に必要不可欠であるタンパク質について♪

 

人間のカラダは、頭の先からつま先まで

すべてタンパク質でできています!

 

私たちが普段の生活で話したり、

歩いたり、考えたりするときに

すべてタンパク質が関わっていますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

私たちの身体は日々新しくなっており、

日々分解されたり(異化)、

新しくつくられて(同化)います。

 

この二つのバランスが保たれるときに

私たちは健康でいられます。

この際に重要なのがタンパク質です。

 

 

●異化=同化:健康の維持

●異化>同化:病気の発達、老化現象

 

つまり、「異化=同化」であるためには

材料(栄養素)が必要になります。

 

タンパク質には

カラダを構成している構造タンパク質

消化したり、物質を運んだり、

化学反応に関わる機能タンパク質に大きく分かれます。

 

 

<タンパク質の主な働き>

・皮膚、毛髪、爪をつくる

・骨、歯、筋肉をつくる

・内臓(肝臓)をつくる

・血管をつくる

・血液をつくる

・酵素をつくる

・ホルモンをつくる

・抗体、インターフェロンをつくる

 

身体の様々なところで関わっていますね♡

 

<不足すると>

・皮膚の美しさがなくなる

・髪のしなやかさがなくなる

・骨、歯、筋肉がもろくなる

・内臓が衰え、弱くなる

・血管がもろくなる

・代謝が悪くなる

・身体の調整がきかなくなる

・最近やウイルスにかかりやすくなる

 

細胞の新陳代謝が低下したり、

免疫力が低下するみたい(>_<)

 

<過剰に摂ると>

摂る過ぎた分は、尿として排出されますが

肝臓に負担がかかるので注意が必要です。

 

<タンパク質が含まれる食品>

肉や魚、乳製品に含まれる動物性タンパク質

(赤身のお肉、豚肉、卵、チーズ)

大豆や穀物に含まれている植物性タンパク質

(大豆、納豆、豆腐)があります。

 

動物性タンパク質の方が吸収率は高いのですが

肉類を選ぶときは脂質の少ないものを選びましょう♡♡

 

タンパク質を摂るときには

ビタミンB群を含む食材を一緒に摂ると効率よく利用できます。

 

ビタミンB群を含む食材として、

玄米、葉物野菜、切り干し大根

キノコ類、魚介類、です♡♡

 

 

また、ビタミンCはコラーゲンを促すので、

ビタミンCを含む食材を摂ると美肌効果が♪(^^)/

 

ビタミンCが多く含まれている食材は

ゆず、ブロッコリー、ピーマン

キウイフルーツ、いちご、柑橘類です。

 

ビタミンB群とビタミンCを含む食材は

今度、それぞれ、詳しくご紹介しますね(*^_^*)

 

<1日の必要なタンパク質量>

タンパク質は、

大人のカラダを健康に保つには

体重1日あたり、1kgあたり、1g〜1.5gの

タンパク質が毎日、必要だと言われています。

50kgの体重の人であれば、

1日50gのタンパク質が必要ということになります!

 

体が必要とするタンパク質の量は、

年齢やストレス(精神的なもの、寒さや暑さ)

筋肉トレーニングなどに人によって増えます。

 

 

以前ダイエットしてたときに

タンパク質ばかり摂ってしまって時期がり、

その時は、腸の調子がおかしくなりました(>_<)

 

タンパク質を意識して沢山摂るときは、

糖質、ビタミンやミネラルなど他の栄養素も

バランスよく摂取しましょう(*^_^*)

 

 

ハリのある肌やツアのある髪など

女性の美しさをつくられるのは

毎日、十分なタンパク質が摂ることが必須です♡

 

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください