アンチエイジングとは??

 

 

 

最近よく聞く、

アンチエイジングという言葉について

説明しますねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

アンチエイジングとは

「老化防止」ということ。

 

では、そもそも何が老化の原因になるのか?

 

●老化の原因

 

・紫外線

・大気汚染

・ストレス

・激しい運動

・お酒の飲み過ぎ

・食生活

・喫煙

 

紫外線なども肌の老化を促進させてしまします。

これからの季節は特に紫外線対策が大切ですね(*^_^*)

 

 

では、どうして老化を

抑制するのが良いのでしょうか?

 

●老化が起こると、、、

 

 

 

シミ、シワ、くすみの原因になったり、

免疫力が低下してしまいます。

また、白髪などの老化現象が起きたり

脳の神経細胞が傷ついてしまいます。

 

 

 

●酸化が老化を促進させる

 

私たちは酸素を取り入れて、

エネルギーを作りますが

その過程で一部の酸素が酸化力の高い

「活性酸素」に変化します。

 

この活性酸素が増えすぎると、

血管や細胞が傷つけられ、

体の内側を酸化(サビる)させます。

 

細胞を酸化させることでがんや、動脈硬化

生活習慣病の原因になったり、

老化を促進させてしまします。

 

●何を食べれば良いのか??

 

活性酸素は、物質を酸化させる力が強く、

大量に発生すると、細胞を傷つけ

老化を早めてしまうんです。

 

その老化を抑えるのが

「抗酸化物質」です。

抗酸化作用のある食材を取り入れましょう。

 

 

 

●抗酸化作用のある栄養成分

 

<フィトケミカル>

(植物の香りやアク、などから発見された物質。抗酸化作用や免疫力アップ)

 

・ポリフェノール

・カロテノイド

・イソフラボン

・リコピン

・ペクチン

・カテキン

・セサミン

その他に、

・ビタミンACE(エース)

・ミネラル

 

具体的な食材として、、

 

1、アボカド

2、トマト

3、バナナ

4、人参

5、大豆製品

6、にんにく、生姜などの香味野菜

7、アーモンドのナッツ

8、ブルーベリーやいちごのベリー類

9、りんごやみかん

10、カカオや赤ワイン

11、緑茶、ルイボスティー

12、ココナッツオイル

13、ごま

14、パプリカ、赤ピーマン

15、ほうれん草

 

 

体内の抗酸化作用を高めるには、

様々な食品をバランスよく組み合わせて

摂るのが効果的です(*^_^*)

 

また、酸化の原因となる食品も

控えた方がよいですね( ;  ; )

 

●酸化を促進する食べ物

 

・食品添加物の多いもの

・ハムなどの加工物、惣菜や弁当

・脂質の多いもの

(肉の脂質、マーガリン、ショートニング、フャーストフード)

・酸化したもの

(揚げ物、インスタント食品、スナック菓子)

 

日々の生活で増える活性酸素に対抗するには、毎日の食事や生活習慣を改善することが大切です。

 

 

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください