知ってほしい!カラダに悪い油のこと

 

 

 

 

こんにちは♪( ´▽`)

 

美腸専門栄養士の上柿まどかです♡

 

今日のお昼は

JR大阪駅付近にある美山カフェに行って

野菜を沢山食べてきました♡

 

 

 

今回は体に悪い油について説明しますね。

 

説明はしますが「食べてはいけない」

というわけではなく、

 

そういうものを控えることで

肌荒れ、アレルギーを防ぐことができるため、

知識として知っておいてください!!

 

 

体に悪い油というものには、

「トランス脂肪酸」

が含まれているものです。

 

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-53

 

 

多く含まれる商品は

マーガリン、ショートニング、

ファットスプレッド、コンパウンドクリーム

です。

 

 

トランス脂肪酸は

「食べるプラスチック」とも呼ばれる、

危険な油なんです。

 

 

それらを原材料に使ったもので

お菓子、パン、ケーキ、揚げ物

などに多く含まれています。

 

そうは言っても、

コンビニのパンやお菓子など

美味しいですよね♡

 

 

 

それは、一緒に含まれてる添加物

旨みを感じられるように

作られているからなんです。

 

そして、それらは中毒性もあるため、

一口食べたら

やめられなくなるのはそのためです。

 

 

添加物についてはまた

別の記事に書きますね!!

 

それらは、

体に不要な脂肪酸であり、摂り過ぎると

悪玉コレステロールを増加させたり、

生活習慣病のリスクを

高めるてしまうそうです。

 

女性では不妊のリスクが高まってしまします。

 

 

〈WHO(世界保健機関)による注意報告より〉

 

images-98

 

 

 

リスクがあるため、

アメリカをはじめとする欧米の国々では、

含有量の規制表示の義務付けが行われています。

 

 

トランス脂肪酸は

外食や加工食品各種に含まれることが多いんです!

 

そうした食品を食べる機会の多い人ほど、

摂取量が多くなってしまってしまう傾向があります。

 

 

images-99

 

 

日本では今のところ規制はありませんので、

市販の食品を購入する際には、

自分で原材料名に

マーガリンやショートニング、加工油脂が

使用されていないかチェックしてみて下さい。

 

 

そういうものを多く取りすぎてしまうと、

太りやすい油でもありますし、

肌荒れ、アレルギーの原因になってしまいます。

 

 

では、生活の中でどのような油を

取り入れていけばいいのか、

説明しますね。

 

 

 

①調理方法を工夫

 

調理方法により摂取する油の量は

大きく変わります。

1食のうち、

油を使う料理は1品が理想

 

もしくは、

油を使用しなくてもいいぐらいです。

 

低温調理であればお塩と水で

お野菜を蒸すことができます!!

この調理法をウォータースチームと言います。

 

 

②食事のメインはバラエティ豊かにする

 

タンパク源は肉、魚、卵、豆から

各種摂るようにすることで

各種脂肪酸のバランスが整います。

 

魚の油は

体で合成できない良質な油なので

積極的に摂りましょう!!

 

 

③魚は新鮮なうちに

 

魚に含まれるDHA・EPAは酸化しやすいので、

購入後は早めに食べましょう。

魚のオメガ3脂肪酸は、

刺身が最も効率良く摂取できます。

 

 

④良質の良い油を活用しよう

 

生でも加熱料理でも、

オリーブオイルは優秀な油です。

 

酸化しにくいオメガ9脂肪酸である

オリーブオイルは加熱に強いですし、

風味が良いので

そのままサラダのドレッシングに!!

 

 

その他に生で摂取してほしい油は、

アマニ油、えごま油がオススメです!!

これらには、強い抗酸化力があります。

 

 

⑤マーガリンよりもバターを

 

トランス脂肪酸の多いマーガリンよりも、

バターの方がいいですね。

 

しかし、バターも飽和脂肪酸を含むので

あくまでも適量にしておきましょう。

 

⑥おやつには和菓子やナッツ、ドライフルーツを

 

市販の洋菓子には、

ほぼトランス脂肪酸が多く含まれています。

 

手作りをしてもバターや生クリームなど

飽和脂肪酸が過多になりやすいです。

 

洋菓子よりも、脂肪分の少ない和菓子や、

不飽和脂肪酸の多いナッツ、

ビタミンや食物繊維を補給できる

ドライフルーツがオススメです。

 

 

何気なく食べている食品が

体に悪影響を起こしていないかどうか、

常に意識を向けることが大切ですね!!

 

 

 

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください