飲む点滴と言われる「甘酒」の効果・効能

 

 

最近は企業さんから頼まれた

メニュー開発に向けて試作に励む日々です♪♪

計画通りに進めば、

6月末に東京の恵比寿にオープン予定です。

 

 

この間は、試飲会1回目でOKを頂いて

基盤はできたので、

あとは味の調整やアレンジを加えていきますo(^_^)o

 

 

 

その中で、食材一つ一つの栄養素と

その効能も勉強しているので

みなさんにシェアします♡ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

今日は、美肌に効果的な栄養素が含まれている

発酵食品の甘酒について、です(๑• •๑)♡

 

 

 

伝統的な発酵食品である甘酒は

「飲む点滴」と言われるほど

栄養価が高く、美肌効果や夏バテ予防に効果的です。

 

 

 

 

 

甘酒は、もち米を「米麹」もしくは「酒粕」

などを発酵させて作ったものです。

 

 

主な栄養素は、

◯ビタミンB群

◯アミノ酸

◯コウジ酸

◯食物繊維

◯ブドウ糖

◯オリゴ糖

 

甘酒は三大栄養素のたんぱく質、

脂質、炭水化物をバランスよく含まれてできています。

 

体の調子が悪いときには栄養補給してオススメです。

 

 

◯ビタミンB群

脂肪や糖の燃焼を促し、

皮膚や粘膜を正常に保つ。

疲労回復効果。

 

 

◯システイン

アミノ酸の一種。

メラニン色素の生成を抑えてシミやソバカスを予防。

 

◯コウジ酸

麹に含まれる成分。

美白効果。

 

◯食物繊維

整腸作用で便秘解消。

 

◯オリゴ糖

善玉菌のエサになり、

ビフィズス菌を増やして

腸内フローラを正常に保つ。

 

◯ブドウ糖

エネルギー代謝がよく、

脳の栄養になる。

 

◯フェルラ酸

ポリフェノールの一種。

強い抗酸化作用で酸化を抑制。

 

◯消化酵素

消化酵素のプロテアーゼとアミラーゼは

体内に取り込まれた栄養素を効率的に分解し、

エネルギーに変換する。

脂肪の蓄積を防ぐ。

 

甘酒がもたらす美容と健康の効果

 

 

<美容面>肌や髪を美しくする

 

・美肌効果(コウジ酸)

・保湿効果(ビタミンB群、アミノ酸)

・髪を美しくする(ビタミンB群)

・ダイエット効果(パントテン酸)

・アンチエイジング(フェルラ酸)

 

<健康>体の調子を整える

・整腸作用(食物繊維➕オリゴ糖)

・免疫力アップ(ブドウ糖、ビタミンB群、パントテン酸、ビオチン)

・不眠解消(GABA、パントテン酸)

アミノ酸の一種であるGABAやパントテン酸はストレスを和らげ、

リラックス効果があります。

 

 

<甘酒のアレンジレシピ>

 

◯フルーツを加える

いちご・りんご・キウイ・バナナなどの果物と

50mlの甘酒をミキサーにかける。

 

◯甘酒豆乳

甘酒と豆乳を1:1で混ぜる。

 

◯抹茶・きな粉

抹茶やきな粉を加えると飲みやすくなる。

 

 

オススメの飲む時間帯は

起床時就寝前です♡

 

そして、

1日1杯が理想と言われています♪

 

 

果物・野菜(ビタミン・ミネラル)、

発酵食品などを

毎日、継続的に摂取していると

美肌美白になるのを実感していますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

今まで野菜などは

温めて食べることが多かったのですが

生で摂取する効果も感じられて

酵素をしっかり摂る必要性も感じています。

 

また、シェアしますね♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください