【効果・効能】健康効果の高いお酢について

 

 

こんばんは*\(^o^)/*

 

上柿まどかです♡♡

 

 

今日は、

お酢を日々の食生活で取り入れて欲しいので

「お酢の効果と効能」について、

紹介します(*^o^*)♡

 

 

〈食酢の種類〉

 

・米酢 

米のみを原料として

醸造して作られたお酢。

コクがあり、

まろやかな味で風味が生きたお酢。

 

白米には少量のビタミンB群が

含まれているだけで、

それほど栄養価は高くありません。

 

しかし、

白米を発酵させ酢を加工すると

15種類のアミノ酸と

70種類以上の有機物が生まれます。

 

特にクエン酸を多く含んでいて、

その健康効果は高いものとして

近年の研究でも明らかになっています。

 

 

 

・穀物酢

日本で最も利用される食酢の原料は

米、麦、大麦、トウモロコシなどの穀物

を原料としたものです。

 

さっぱりとした酸味と

少し酢のツンとした香りが特徴的です。

酢の物やすし酢など幅広く用いられています。

 

 

他には、

・黒酢

・リンゴ酢

・バルサミコ酢

 

など沢山あります♪

 

それぞれの種類の効能については

後日の記事に書いていきますね♪

 

 

〈お酢の健康効果〉

 

①カルシウムの吸収を促進

カルシウムは

体内で吸収されにくい栄養素ですが、

「酢酸カルシウム」に変化することで

吸収力が高まる。

 

※カルシウムはイライラ予防にも

お料理は魚の南蛮漬もおすすめです♪

 

 

②疲労回復効果

酢の成分である「酢酸」

体内で「クエン酸」に変化

→クエン酸:疲れの元となる「乳酸」の発生を抑えたり、取り除く。

 

③殺菌作用

酢酸:殺菌作用が高い。

 

④血液がサラサラに

クエン酸:血流が改善される。

肩こり、冷え性、動脈硬化、心筋梗塞を予防

 

⑤高血圧を改善

酢酸:細胞に入る血管を広げる

「アデノシン」という物質が出る

 

⑥便秘解消

殺菌効果:悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす

 

⑦ダイエット

酢酸:体内で脂質が合成されるのを抑える

アミノ酸:脂質燃焼を促進。

 

⑧美肌効果

クエン酸:老化の原因「活性酸素」を取り除く。

アルギニン、プロリン:コラーゲンの材料

便秘解消効果:

腸に溜まった老廃物を再吸収しなくなるので

毒素が原因の吹き出物を予防できる。

 

 

 

 

お酢には、多くの健康効果が期待できますが

お酢を多く摂取する、

というのではなく

バランスの良い食事

取り入れるようにしてください。

 

 

お酢は酸が強く、

胃腸を傷つける場合がありますので

空腹時の一口は控えましょう!!

 

 

私はこの間、

サンラータン風デトックススープを作りました。

 

 

昆布だしに人参、好きなキノコ類を入れて

塩麹小2、醤油大1、お酢大3

コショウ、で味を整え、

最後に、お豆腐、葛粉を入れると

とても美味しかったです♡

 

ちなみに、私はこの米酢を使用しています!!

 

体の調子が良かったので

明日の朝も作ろうかな〜〜♪♪

 

それでは、おやすみなさい♡

 

*美腸専門栄養士*上柿円香

Leave a Reply