グルテンフリーが注目されている理由

 

 

おはようございます(*^o^*)

 

今日は、美や健康な人が注目している

「グルテンフリーについて」

お話しますね♡( *˙-˙* )

 

 

 

《そもそも「グルテン」とは??》

 

小麦粉には「グルテン」が含まれています。

グルテンは、

穀物に含まれるたんぱく質の一種

すべての人に当てはまることはないのですが、

摂取すると、

炎症を起こしやすくなる場合があります。

 

うどんにコシや膨らみがありもちもちした

食感が得られるのもグルテンの作用です!!

 

また、「グルテン」には

「グリアジン」という物質が含まれていて、

食欲を増進させる働きがあります。

 

 

《グルテンの摂取によるデメリット》

 

①アレルギーを引き起こす可能性がある

②腸内環境の低下を起こす可能性がある

③血糖値が上がりやすい

④糖化の原因になる

⑤食欲増進物質が含まれている

⑥体が炎症を起こしやすくなる

⑦質の良い小麦が少ない

 

 

●グルテンが含まれているもの

 

 

パン、うどん、パスタ、シリアル、ラーメン、

ピザ、パンケーキ、ドーナツ、ケーキ、

揚げ物、スナック菓子、ビール

 

●グルテンが含まれていないもの

 

〈画像引用〉

お米、そば、もち、豆腐、納豆、卵、肉、

魚、野菜、果物、チーズ、ヨーグルト

 

 

《そば粉、玄米などのグルテンフリー穀物を摂りましょう!》

 

グルテンを含むものを食べると、

肌老化や免疫システムが低下したり、

女性であれば

生理不順やPMSが重くなったりします。

 

それを避けるためにも、

ケヌア、玄米、きび、野生米、アマランサス、

黒米、アーモンド粉、タピオカなどの

グルテンフリーの穀物を

積極的に摂リましょう。

 

これらの、

体内に取り込まれた健康的な炭水化物は

脳のエネルギー源になる糖質に分解される。

 

よく、疲れた時に甘いものを食べよう、と

ケーキやお菓子を食べてる方がいます。

 

しかし、体が本当に必要としているのは

「特定の種類の糖質」

 

果物、全粒穀物、豆類などの

健康的な炭水化物から

得られる持続的なエネルギーです。

 

玄米は白米に比べて、

食物繊維ビタミン群が豊富に含まれています。

 

また、キヌアは

良質のタンバク質、鉄、ビタミンB群、

食物繊維が含まれています。

 

毎日の生活でグルテンフリーにするのは

難しい、という方も

いらっしゃるかもしれないのですが

美肌や健康を手に入れたい方は

グルテンの摂取を控えてみてください。

 

日本食の和食を食べていれば、

グルテンは含まれていないので

毎日の食事で、

たっぷりの野菜や豆類、

お魚を摂りましょう!!

 

Leave a Reply